© 2013 cyber hanout s.a.r.l.

 旅先のウズベキスタンから持ち帰った綿絣の織り物を用いて、マラケシュ郊外の“カルカルの女性たち”の手でプフに仕立ててもらいました。

 

 “イカット”とは、もともとはインドネシアの言葉で柄や図案、布そのものや織りの行程を表すもの。それが、いつしか「絣」のことを指すように。今回の旅で選んだのは、昔ながらの手法で織られた、フェルガナ盆地の色鮮やかな機械織り。

 

 サルマと呼ばれる飾り紐は、気の遠くなるような手作業により一粒一粒丹念に刺し込まれています。

 

 底を閉じるための紐は、イヴ・サンローランが眠るマジョレル庭園内ブティックにも商品を納めている、由緒ある工房へのオーダーメイド。

 

 スツールとしてはもちろんのこと、ちょっとしたサイドテーブル代わりやオットマンとしてなど、一度取り入れたら日常から外せなくなってしまうプフ。インテリアのアクセントとして、さり気なくも幅広くご愛用いただけます。

ウズベキスタンのイカット 01

SKU: PFP-IO001
¥30,000価格
  • ◆本体 

    直径:約55cm

    高さ:約30cm

     

    ◆タッセル

    紐:約130cm

    房:約10cm

     

    サイズはあくまで目安となります。手仕事品のため個体差がございます。また、形やヴォリューム感はあんこの詰め具合によっても変化します。

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン